自分を解放しちゃろう もう少し楽な生き方探し

生き方が不器用な男が思ってる事とかドライブ記録だとか気ままに書いてるブログ

温泉メモ 好きな温泉の雰囲気とか

どうも。

カレーを食べたくなってきた、たいたんです。

 

最近騒ぎになる前から鉄腕DASHは毎週欠かさず見てきました。

今度はカレーを作る企画が始まるようです。

ということで、夕飯まだなわたしはカレーを食べたくなってきた。

 

カレーは昔から好きですが、車に乗り始めるようになって温泉めぐりが好きになりました。

下手な振りだ...

 

ということで、自分が行った温泉の記録を書いていこうと思ってますが、その前に自分の好きな温泉の雰囲気とか整理してみたいと思います。

 

1.静かで落ち着いた雰囲気

温泉になぜ行くのか?・・・やはりくつろぎに行くのです。

なので、静かで落ち着いてそうなところを探して行ってます。

ひっそりとたたずむ隠れ家的な雰囲気の温泉に行った時は、すごくうれしくなります。

人が少ない露天風呂で景色を見ながら何も考えずぼ~っと浸かっているのが幸せです。

 

2.源泉掛け流しが望ましい

循環式でも好きなところはありますが、やはり源泉賭け流しがいいですね。

循環式だと塩素臭が強い場合があって、そうなるとちょっと残念と言うか。

まあ、掛け流しか循環式かどっちかわからないことも結構もありますけど。

特に遠出する時は厳選掛け流しを選ぶようにしています。

 

3.やっぱり露天風呂

温泉に行きたい理由とは?

人によっては、筋肉痛や関節痛に効くとか、美肌効果があるとか、そういった効能を求めることが一番の場合もあるかと思います。

 

ただ、自分の場合は、自宅では味わえないお風呂でくつろぎたいという理由がかなりのウェイトを占めます。

ということで、わたしの自宅では絶対無理な露天風呂にはやっぱり入りたい。

 

特に、海や川の側にあるとか、雄大な山々を一望できるみたいな露天風呂があれば、テンション上がりますよね。

 

4.入浴料はワンコインが目安

温泉の多い地域の出身なので、安くて温泉に入れるところが結構あったのです。

なので、入浴料は低めの500円くらいまでの温泉施設を選ぶことが多いです。

1000円出してる時は、けっこう奮発してると思ってください。

ケチなのか?それもあるかもしれません笑

 

5.車で行きやすい

まだまだ運転が上手とは言えないわたくしですので、山道を何時間も掛けて行くような温泉は選びません。

まあ、そもそもそういう温泉をどう調べたらよいのかもわからないですが。

逆に、街中にあって駐車場なさそうなところも避けます。たまにありますから。

 

こんな感じの基準で温泉をネット検索した後に、週末に行ってますので、その記録を書いていきたいと思います。

 

ではでは。