自分を解放しちゃろう もう少し楽な生き方探し

生き方が不器用な男が思ってる事とかドライブ記録だとか気ままに書いてるブログ

ペーパードライバーを克服しようとした理由

どうも、元ペーパードライバーで、現役人見知りのたいたんです。

 

ブログを始めた動機のひとつに、知人には話すことは無い自分の思考や行動について考えてみたことを、文章として残してみようかなと思ったことがあります。

 

ということで、今回はたいたんの自分語りとなりますが、興味あれば目を通してやってください。

 

”なぜペーパードライバーになったのか”

これは、単純に言えば運転をしようとしなかったからです。

 

では、運転したくなかったのかというと、そうでもありません。

どちらかと言うと、車が欲しい、運転がしたいという欲求は強かったと思います。

 

学生の時は、F1見るのが好きだったし、同じゼミの先輩が乗ってるスポーツカーを見てすごく羨ましかったがったりで、車に結構興味があったのです。

また、仲の良い高校の同級生3人は、大学生になって車を買って、わたしはそれに乗せてもらい、やっぱり羨ましい気持ちでいっぱいになる。

 

大学を出て社会人になってからも、車が欲しいとか運転したいという気持ちはずっとあるんです。

でも、

 ・お金が無いから

 ・運転に自信が無いから

 ・車が無くても生活できる街に住んでるから

みたいな理由をつけて、その気持ちに蓋をしてたんですね。

 

「今は我慢しなさい。将来役に立つから」 

子供の頃わたしの親はこのような言葉で、わたし達兄弟に我慢することを求めました。

わたし達兄弟は“良い子”で、よく我慢しましたね。

でもその時欲しかったし、その時したかったのです。

子供のときに欲しかったものを、自分で稼ぎ始めてから買ってみたけど、そこまで楽しめなかったということが良くあります。

 

そんなこんなを、30歳を過ぎた頃に考えていると、「車が欲しい!」「運転したい!」という気持ちに蓋をし続けることが、自分をどんどん惨めにすることだと思うようになったんです。

だから、惨めな状況から抜け出すために、車を手に入れて運転できるようになるための行動を取ろうとしたんですよね。

これがペーパードライバーを克服しようとした理由です。

 

自分で自分にお預け状態を課してる時間は少しでも短くしたいものですね。