自分を解放しちゃろう もう少し楽な生き方探し

生き方が不器用な男が思ってる事とかドライブ記録だとか気ままに書いてるブログ

人間嫌いではないんだけど...

人と人との繋がりって大事ですよね。

 

時々何かしらの集まりだとか、飲み会だとかで仲良くできた時ってやっぱりうれしい。

そういう時って、場の空気を乱さずに盛り上げようって思って笑顔でいろんな話して、凄く良い雰囲気になって楽しくなれる。

 

だけどね、続かないんですよ(ーー;)

その場は盛り上がるんだけど、じゃあ後日またプライベートでも楽しく盛り上がるってなれないというか...。

 

会社の飲み会みたいにある程度に強制されるような集まりの時は気が張ってるんだけど、それ以外の時は人付き合いをOFFにしちゃうような。

 

休日とかで「ちょっと飲みに行こうか/遊びに行こうか」ってなった時に、どうしても腰が重くなってしまう。

 

孤独主義ではないんだけどね。

盛り上がってる時は、本当にそのコミュニティに居れてよかったって思ってるんだけど。

 

「素を見せるのに抵抗がある」というのが根本に有る気がしてます。

 

もう少し楽に生きるには、この自分の素を見せることへの抵抗感を無くすことが必要なんだろうなと思います。

 

自分の素を見せまいと身構えてると、まわりの人もそこを感じ取ってあまり干渉しない様になってしまうと思う。

それで、どちらも疲れちゃって互いの距離が縮まらない。

 

 

昔からそういうもんなんだろうなぁって思ってはいるんだけど、やはりその抵抗感をぬぐえずにこの歳まで生きてきてしまった。

 

じゃぁ何故、自分の素を見せるのに抵抗が有るのか...。

子供の時のいろんなトラウマだったり、劣等感だったりがあるんだと思います。

常に、まわりの子供とは違うって感じてたし、他の子供が羨ましいって思ってたから。

 

でもその子供時代は終わったんですよね。 

親の影響で自分の思うようにできなかった子供時代は。

だから、今では自分で思うようにできるはず。

 

そんなことを思いながら、また一人で過ごしてる。

まずは自分の好きなものをもっと表現することかな。

イモトみたいに

 

 

心が楽になる本 (扶桑社文庫)

心が楽になる本 (扶桑社文庫)